医療事務

クリニックの医療事務に向いている人の特徴3選

こんにちは!
今回はクリニックの医療事務に向いている人の特徴3選について説明していきます。

私のプロフィールはこのような感じです。

  • クリニックで医療事務経験あり
  • 医療事務学校での指導経験あり
  • 医療事務資格保有
  • 「向いている」という意味は人それぞれだと思いますが、
    この記事では
    周りの人と連携がとれて働くことができる人
    としてその特徴について解説します。

    この内容は動画でもご視聴いただけます!

    チャンネル登録、高評価お願いします!
    この記事はこんな人にオススメ
  • クリニックで医療事務として働きたい方
  • 医療事務に向いているのか知りたい方
  • 医療事務の面接でアピールできることを知りたい方
  • それでは3つの特徴について見ていきましょう。

    協調性がある

    クリニックの医療事務に向いている人の特徴の1つ目は、
    協調性があることです。

    クリニックは少ない従業員数で多くの患者さんの対応をしないといけないので、
    スタッフ同士との関係を上手く作らないといけません。

    明るく素直な人には指導も丁寧にしてあげたいと思うものです。

    仕事が多少できなくても愛嬌が良い人は、
    いるだけで雰囲気が明るくなり皆から好かれていました。

    医療事務は専門職でもあるけれど接客業でもあるので、
    特に実務経験がない場合は人柄重視で採用を決めているクリニックは多いです。

    理解力がある

    クリニックの医療事務に向いている人の特徴の2つ目は、
    理解力があることです。

    医療事務として働くためには保険やレセプトのことを知ることも重要ですが、
    そのクリニックでの仕事の流れやルールを覚えることも大事です。

    クリニックによって受付、会計などの流れが違うので、
    そのルールを覚えないといけません。

    理解力がある人は早くそのクリニックのルールを覚えることができるので、
    戦力になるまでのスピードが速まります。

    なので面接時の受け答えがスムーズにできることや
    学歴やこれまでの職歴を見て頭の良さや理解力の有無を確認されます。

    面接時のアピールとして効率化を行って仕事を進めたエピソードがあるといいです。

    気配りができる

    クリニックの医療事務に向いている人の特徴の3つ目は、気配りができることです。

    クリニックでの仕事はマニュアルがそもそもなかったり、
    あってもマニュアル通りに進まないことが多いです。

    臨機応変に対応することが求められる中で、
    細かいことに気づき、気配りができる人は重宝されます。

    始めは仕事に慣れず自分の仕事に精一杯になりますが、
    徐々に周りの様子が見えてくるのでそのときに周りに合わせた行動ができると、
    医師や看護師さんの仕事の助けになります。

    例えば処置に時間がかかっていそうなら
    サポートに入ったり
    処置が終わってすぐ次の人を呼べるように準備をしたり
    指示を出すまででもないけど
    してくれると助かるということは多くあります。

    なので細かいことに気づき、気配りができる人は、
    医療事務に向いていると言えます。

    まとめ

    今回はクリニックの医療事務に向いている人の特徴3選について説明しました。

    クリニックの医療事務に向いている人の特徴3選

    協調性がある
    理解力が高い
    気配りができる

    PCができる、計算が早い、保険知識に詳しい
    このようなことも医療事務として働くには大事ですが、
    周りと上手くコミュニケーションをとれるかの方が重視されます。

    個人戦ではなくチーム戦であることを意識することで、
    どのように立ち回ればいいかが分かりやすいです。

    なので未経験から医療事務を始めたい人は、
    スキルよりもこれまでどのように周りと上手くコミュニケーションをとって
    仕事をしてきたかが重視されると言えます。

    参考になれば幸いです。
    ご覧いただきありがとうございました!

    ABOUT ME
    ちさの
    医療事務や薬局事務、登録販売者の経験をもとに、実務で役立つ知識を発信をしています。最近はYouTubeで動画投稿を頑張っているのでぜひチャンネル登録お願いします!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。