登録販売者

オススメの市販薬の接客テキスト3選【新人登録販売者必見!】

登録販売者資格に合格したけれど、
実際にどのように市販薬の接客をすればいいかイメージができない。

このような方に向けてオススメ本を3つ紹介します。

チャート式で分かりやすい


市販薬の接客で役立つ一番のオススメの本です。
チャート式で、質問に「はい」「いいえ」で答えて、
その人に合う薬が分かるので、
何を確認すればいいのかや
どの薬にどの成分が入っているのかが分かりやすいです。

自分用の市販薬を選ぶときにも使うことができ、
本で勉強することで紹介できる薬の種類が増えていきます。

私も市販薬の接客のために購入しましたが、
チャート式という点が非常に分かりやすかったです。

症状別の販売のポイントが分かる


頭痛、胃のトラブルなど症状別に成分や販売時のポイントがまとめられています。

また主要成分早見表があり、
定番の市販薬に何の成分が入っているかが表になってまとめられているので、

「○○の成分が入っている解熱剤が欲しい」
というような相談があったときに対応しやすいです。

登録販売者1年目の教科書


仕事の流れや接客がマンガで分かるので読みやすいです。
登録販売者の試験に合格してからまず始めに読むのにオススメです。
Amazonでは数ページ試し読みができるので是非ご覧ください。

まとめ

今回は登録販売者にオススメの市販薬のテキストを紹介しました。

市販薬の接客は慣れるまでが大変ですが、
日々少しずつ市販薬について学ぶことで良い接客ができるようになってきます。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
ちさの
医療事務や薬局事務、登録販売者の経験をもとに、実務で役立つ知識を発信をしています。最近はYouTubeで動画投稿を頑張っているのでぜひチャンネル登録お願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。